2014年07月06日

熱中症をふせぐ対策を紹介します。

気温が高くなってきますと、熱中症のリスクがやってきます。熱中症は炎天下だけでなく、室内でも起こりえます。
ここでは熱中症の対策を紹介いたします。

本人が体調不良

本人が寝不足や栄養をしっかり取っていない場合だと発汗がうまくされずに熱が身体にこまってしまい起こっていまいます。普段から睡眠や食事をたっぷり取る事を心がけましょう。

肉体の酷使

長時間、運動をし続けたり、全力で肉体を酷使したりした場合、身体が悲鳴を上げてしまいます。休憩時間をしっかりと取りながら水分補給を心がけましょう。負荷の高い肉体の運動をおこなう際には細心の注意を払うことがベストです。

気温や湿度が高い日

日光が強く湿度や気温が高い日などには特に熱中症を警戒しましょう。気温が高い日には誰もが警戒しますが、案外軽んじがちなのが湿度が高い日です。湿度が高いと発汗が上手くいかず身体に熱がこまってしまいます。夏場でも室内では特に起こりやすいです。できるだけ風通しの良いところで扇風機などを使って湿気を散らすようにしましょう。

熱中症をふせぐ食事方法

熱中症に負けない食事方法を紹介していきます。

1、温かい料理を食べましょう。

夏はどうしてもひんやりした食べ物、サラダや冷奴などを食べてしまいますが、クーラーや発汗の影響で身体は冷えています。できるだけ温かい食べ物を食べるようにしましょう。

2、品数を増やしましょう。

夏は食欲が低下しますので、どうしても栄養が不足します。食事は一品だけ食べるのは控えて、もう一品食べて栄養バランスを整えるようにしましょう。

3、冷たいものは控えましょう。

夏はビール、ジュース、炭酸飲料、アイスコーヒーなど冷えた飲み物を沢山取ってしまいます。冷たいものは胃腸の機能を低下させますので、できるだけ常温のものを取るようにしましょう。

4、水分は充分にとりましょう。

汗をかくからと水分を控える方がいます。水分不足になれば脱水傾向になり熱中症の原因ともなります。水分はこまめに補給することを心がけましょう。

いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

LINEでお知らせ情報

・ 24時間LINE相談

院長 貞松 正剛

<資格> 鍼灸師 柔道整復師 機能訓練指導員 睡眠健康指導士 MT-MPS 研究会講師 AT-MPS セミナー修了

<学会発表・講義内容>「頚肩部痛と二重あごの関係性についての考察」
「側頭筋・咬筋・舌骨上筋の概略と顔面部美容の一症例」「頚肩部及び胸背部領域の治療法」

<趣味> スポーツ観戦 ゴルフ 旅行

当院のご案内

地下鉄御堂筋線「北花田」駅から歩いて12分。「新金岡」駅からも歩いて15分。

〒591-8004 大阪府堺市北区蔵前町2丁1番15号
TEL:072-254-6611

受付時間:8:30-12:00, 15:30-20:00
水曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
土曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
休診日:日曜日、祝日
予約優先制
駐車場完備

主な患者さまの住んでおられる地域

北花田・新金岡・堺市・堺東・三国ヶ丘・なかもず・河内天美・初芝・浅香山・あびこ

さかい子育て応援団

外部サイトのご紹介