2018年05月25日

肘痛〜テニス肘(上腕骨外側上顆炎)〜

テニス肘、スポーツをしてる人やしてない人に関わらず整形外科でこのような診断を経験をされた方がいられると思います。

整形外科では肘の外側上顆の炎症と診断されます。

もう一つの視点、つまり筋肉からこの症状を診ると前腕の伸筋群(手の甲側から肘までの筋肉)の付着部で痛みを訴えています。

その証拠にそこを押さえると強い痛みを訴えます。これはそこの組織(筋肉)が症状を発生している明確な事実になります。

従って症状の程度にもよりますがそれらの筋肉を治療する技術があればそこの筋肉の状態を改善させ痛みは回復に向かいます。

しかし、前腕の筋肉は繊細な動きをする指の筋肉になりますのでそれを区別して治療できる施術者は数少ないです。筋肉治療を得意とする当院ではどこを痛めているのかを見極め治療していきます。

いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

LINEでお知らせ情報

・ 24時間LINE相談

院長 貞松 正剛

<資格> 鍼灸師 柔道整復師 機能訓練指導員 睡眠健康指導士 MT-MPS 研究会講師 AT-MPS セミナー修了

<学会発表・講義内容>「頚肩部痛と二重あごの関係性についての考察」
「側頭筋・咬筋・舌骨上筋の概略と顔面部美容の一症例」「頚肩部及び胸背部領域の治療法」

<趣味> スポーツ観戦 ゴルフ 旅行

当院のご案内

地下鉄御堂筋線「北花田」駅から歩いて12分。「新金岡」駅からも歩いて15分。

〒591-8004 大阪府堺市北区蔵前町2丁1番15号
TEL:072-254-6611

受付時間:8:30-12:00, 15:30-20:00
水曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
土曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
休診日:日曜日、祝日
予約優先制
駐車場完備

主な患者さまの住んでおられる地域

北花田・新金岡・堺市・堺東・三国ヶ丘・なかもず・河内天美・初芝・浅香山・あびこ

さかい子育て応援団

外部サイトのご紹介