2018年05月25日

下腿におけるコンパートメント症候群とは

コンパートメント症候群とは10歳代〜20歳代の学生運動選手に多発し筋膜や骨で囲まれた区画内での内圧の上昇、区画内組織の循環障害を起こした状態です。

一般の方には難しくて分かりにくいでしょうが、簡単に言うと脚の筋肉などが硬くなり血流、循環障害がおきパンパンの状態になることです。

これは、病院でのレントゲン検査では異常が認められません。

筋緊張が高まると血管系を圧迫し脚の中の内圧が上昇し痛みが発生します。

従って治療としては症状の最初の原因である筋緊張を緩和しなければなりません。

場合によっては徒手治療では追いつかないため鍼(はり)治療をし症状を改善に導きます。

いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

LINEでお知らせ情報

・ 24時間LINE相談

院長 貞松 正剛

<資格> 鍼灸師 柔道整復師 機能訓練指導員 睡眠健康指導士 MT-MPS 研究会講師 AT-MPS セミナー修了

<学会発表・講義内容>「頚肩部痛と二重あごの関係性についての考察」
「側頭筋・咬筋・舌骨上筋の概略と顔面部美容の一症例」「頚肩部及び胸背部領域の治療法」

<趣味> スポーツ観戦 ゴルフ 旅行

当院のご案内

地下鉄御堂筋線「北花田」駅から歩いて12分。「新金岡」駅からも歩いて15分。

〒591-8004 大阪府堺市北区蔵前町2丁1番15号
TEL:072-254-6611

受付時間:8:30-12:00, 15:30-20:00
水曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
土曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
休診日:日曜日、祝日
予約優先制
駐車場完備

主な患者さまの住んでおられる地域

北花田・新金岡・堺市・堺東・三国ヶ丘・なかもず・河内天美・初芝・浅香山・あびこ

さかい子育て応援団

外部サイトのご紹介