2018年05月25日

自律神経の異常

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
その働きは、心臓・肝臓・胃腸・膵臓・腎臓・直腸・膀胱・骨格筋(筋肉)や血管にまで及びます。

そのため、自律神経の働きが崩れると様々な障害が出ます。

では、なぜ自律神経の異常がでるのでしょうか?
怒り・恐怖・不安・心配などの精神的ストレス、過労による休息・睡眠の不足、不適切な薬の長期使用があります。これらのことが原因で、交感神経優位になり副交感神経の活動が抑えられます。

当院では、徒手治療・鍼治療を施すことで自律神経活動の調節をします。特に鍼治療は痛覚神経(ポリモーダル受容器)を刺激することによって体性ー体性反射、体性ー内臓反射という効果があります。
そうすることで、交感神経優位の身体を副交感神経優位に切り替えます。

当院では、徒手・鍼治療を施し自律神経活動の調節をしていきます。

いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

LINEでお知らせ情報

・ 24時間LINE相談

院長 貞松 正剛

<資格> 鍼灸師 柔道整復師 機能訓練指導員 睡眠健康指導士 MT-MPS 研究会講師 AT-MPS セミナー修了

<学会発表・講義内容>「頚肩部痛と二重あごの関係性についての考察」
「側頭筋・咬筋・舌骨上筋の概略と顔面部美容の一症例」「頚肩部及び胸背部領域の治療法」

<趣味> スポーツ観戦 ゴルフ 旅行

当院のご案内

地下鉄御堂筋線「北花田」駅から歩いて12分。「新金岡」駅からも歩いて15分。

〒591-8004 大阪府堺市北区蔵前町2丁1番15号
TEL:072-254-6611

受付時間:8:30-12:00, 15:30-20:00
水曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
土曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
休診日:日曜日、祝日
予約優先制
駐車場完備

主な患者さまの住んでおられる地域

北花田・新金岡・堺市・堺東・三国ヶ丘・なかもず・河内天美・初芝・浅香山・あびこ

さかい子育て応援団

外部サイトのご紹介