2021年01月27日

膝痛、お皿の下の痛みに対する治療法

膝痛、お皿の下を痛めた実際の症例

発生理由 : 受傷前日から右膝に違和感を感じており、歩行中に膝、お皿の下にグキッと痛みを感じて負傷

治療対象筋 : 大腿四頭筋(太ももの前)

1回目の治療前は

しゃがめない。
膝を曲げれない。
普通に歩くことができない。

そのような状態でした。

膝のお皿は大腿四頭筋(太もも前)からつながる腱(けん)の中にあります。今回は、お皿の下に痛みを感じたということで、構造的(解剖学的)に考えて大腿四頭筋の腱に何らかの損傷が生じたと推測し、腱につながる大腿四頭筋(太もも前)を中心に徒手施術をしました。
太もも前の筋肉

加えて治癒を促進するためには、循環改善と機能改善(今回は膝や股関節を動かしやすくする)がポイントとなるため、太もも裏(ハムストリングス)や股関節の筋肉である殿筋(大殿筋、中殿筋)を施術しました。

結果

結果として、三回の施術で本人から「8割程回復した」と言われ、しゃがみこみと膝を曲げることが大幅に回復しました。

四回目の施術ではほぼ症状改善。

まとめ

受傷前日からの違和感は、突然膝の状態が悪くなったわけではなく、徐々に膝の状態が悪くなっていたと推測できます。

普段からの運動不足や、身体のケアを怠り筋肉の過緊張状態が日常的に起こり、それにより循環改善を招き、発痛物質(痛みを出す物質)が貯留し代謝されずに膝に違和感が生じたと考えられます。

この状態のときに対処、治療できていれば、今回の損傷は発生しなかった可能性があり、予防の重要さを感じた症例です。

参考文献 プロメテウス解剖学アトラス 第2版

くらまえ鍼灸整骨院 貞松
堺市北区蔵前町2-1-15
Tell 072-254-6611

いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

LINEでお知らせ情報

・ 24時間LINE相談

院長 貞松 正剛

<資格> 鍼灸師 柔道整復師 機能訓練指導員 睡眠健康指導士 MT-MPS 研究会講師 AT-MPS セミナー修了

<学会発表・講義内容>「頚肩部痛と二重あごの関係性についての考察」
「側頭筋・咬筋・舌骨上筋の概略と顔面部美容の一症例」「頚肩部及び胸背部領域の治療法」

<趣味> スポーツ観戦 ゴルフ 旅行

当院のご案内

地下鉄御堂筋線「北花田」駅から歩いて12分。「新金岡」駅からも歩いて15分。

〒591-8004 大阪府堺市北区蔵前町2丁1番15号
TEL:072-254-6611

受付時間:8:30-12:00, 15:30-20:00
水曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
土曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
休診日:日曜日、祝日
予約優先制
駐車場完備

主な患者さまの住んでおられる地域

北花田・新金岡・堺市・堺東・三国ヶ丘・なかもず・河内天美・初芝・浅香山・あびこ

さかい子育て応援団

外部サイトのご紹介