2014年07月28日

交通事故の後遺症は、あとからくる?

交通事故の後遺症について

交通事故の後遺症は、大きく分けますと、つぎのようなものが挙げられます。

  • むち打ち
  • 骨折
  • 椎間板ヘルニア
  • 脳障害

これらのうち、骨折はその場で分かるでしょう。しかし、むち打ち、椎間板ヘルニア、脳障害などは事故直後では症状が現れないことも珍しくなく、レントゲンでは異常なしで帰宅することもしばしばです。

そして、大抵は交通事故から数日後に症状が出てきます。発生から1ヶ月以上経って現れることもあるのです。
経過を慎重に見ながら、ちょっとでも違和感がありましたら、すぐに専門の先生にご相談ください。

むち打ちは、あとから来るか?

むち打ち(頸部捻挫)は、交通事故による後遺症として高いあらわれます。むち打ちとは、車で追突された時に頭が前に押し出され、首から下が残りムチのようになることから、「むちうち」と呼ばれています。

主な症状は、首から肩にかけての痛み、吐き気、目眩などです。

このむち打ちは、実は病院でレントゲンをとっても異常がなかなか見つからず、痛みの原因が分かることが少ないのです。交通事故の後遺症は、放置すると痛みや機能障害が2次的障害を起こすことがあるので、早期の診療、症状が完治されるまでしっかりと治療されることが大切です。

骨折

交通事故の際に、よく見られるのが骨折です。骨折は、後遺症と言うよりもむしろ、レントゲンを取って骨の状態を確認すれば、分かりますので、その場で分かる症状です。

骨折してしまった時には、骨がずれていなければ、そのまま固定します。ずれている場合には、元の正常な位置に戻すように固定していきます。

いずれにしても、実績のあるしっかりとした整形外科や整骨院(医師の同意が必要)などで正しい診察、治療をしてもらうことが重要となります。

椎間板ヘルニア

交通事故で、特に追突事故で背中や腰や首に強い衝撃を受けた場合、背骨と背骨の間の椎間板の髄核が飛出し神経を圧迫することがあります。これを椎間板ヘルニアと言います。首だけでなく腰に発生することもあります。

ヘルニアは、神経が圧迫されて体に障害症状が出ないと病気とは診断されないことから、このヘルニアが明らかにレントゲンなどで神経を圧迫していることが分からないと、障害と認められません。

脳障害

脳障害は場合によりますが、交通事故で脳に強い衝撃を受けてしまい、後遺症として障害が出ることがあります。その場合、速やかに適切な医療機関で専門家に相談されることをおすすめします。

まとめ

交通事故の後遺症は、骨折、むち打ち、椎間板ヘルニア、脳障害などが考えられます。この中で、その場で分かるのは骨折だけで、事故直後では症状が現れないことも珍しくありません。もちろん、レントゲンでは異常なしで帰宅することもしばしばです。

いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

LINEでお知らせ情報

・ 24時間LINE相談

院長 貞松 正剛

<資格> 鍼灸師 柔道整復師 機能訓練指導員 睡眠健康指導士 MT-MPS 研究会講師 AT-MPS セミナー修了

<学会発表・講義内容>「頚肩部痛と二重あごの関係性についての考察」
「側頭筋・咬筋・舌骨上筋の概略と顔面部美容の一症例」「頚肩部及び胸背部領域の治療法」

<趣味> スポーツ観戦 ゴルフ 旅行

当院のご案内

地下鉄御堂筋線「北花田」駅から歩いて12分。「新金岡」駅からも歩いて15分。

〒591-8004 大阪府堺市北区蔵前町2丁1番15号
TEL:072-254-6611

受付時間:8:30-12:00, 15:30-20:00
水曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
土曜日は、8:30-13:00, 午後:休診
休診日:日曜日、祝日
予約優先制
駐車場完備

主な患者さまの住んでおられる地域

北花田・新金岡・堺市・堺東・三国ヶ丘・なかもず・河内天美・初芝・浅香山・あびこ

さかい子育て応援団

外部サイトのご紹介